手書きフォント

手書きフォントは、様々な電子デバイスのおかげで、今日のデジタル化された世界の中では、多くの人にとって非常に縁遠い存在かもしれませんし、ほとんどの場合、あるいはグリーティングカードを受け取る時でさえも、退屈なTimes New RomanやVerdanaに出くわさざるを得ないのも不思議なことではありません。ではなぜ手書きフォントを試さないのでしょうか? 実際、手書きフォントを使うメリットはたくさんあります。まず、手書きフォントは人間的なタッチを加えてくれます。これはこのフォントを使ってカードや招待状を送る時には特にそうです。2つ目に、手書きフォントは目に留まりやすいです。ArialやTimes New Romanなどの環境に依存しないフォントをブログのタイトルや記事のタイトルなどに使用するのではなく、手書きフォントを使うことを想像してみてください。きっと読者の目に留まることでしょう。

手書きフォントは、ロゴやヘッダー、タイトル、注釈などに向いていますが、通常の文章には向いていません。David Kerkhoffが作ったHasty Tastyは、手書きスタイルの典型的なフォントです。その名前が示す通り、Hasty Tastyは走り書きしたレシピや、手早く書いたメモのような見た目です。このフォントにはあらゆる種類の特徴を備えたものが揃っているので、多言語プロジェクトで使用することができます。

David KerkhoffによるHasty Tasty

無料の手書きフォントをダウンロードするには、弊社の無料フォント集をご覧ください。様々なカテゴリーの2万以上のフォントをご用意しています。

フォントをダウンロードしたくありませんか? 以下のツールを使って、入力したテキストをオンラインで画像やロゴに変換できます。作成した画像をダウンロードするには、画像上で右クリックをして保存するだけです。あるいは「埋め込み」ボタンをクリックしてリンクを取得し、画像をウェブページやブログに埋め込むこともできます。

フォントを選択
フォントサイズを入力 エフェクトを選択
色を選択

こちらもお好きかもしれません

以下のフリーフォントをチェックして、ダウンロードするか、または、これらのフォントを使ってオンラインで画像やロゴを作成しましょう。 こちら をクリックすると、別のセットを閲覧できます。