ドアーズフォント

ドアーズの象徴的なロゴは、バンド名をタイトルにしたデビューアルバムのカバーで初登場し、次に1968年のアルバム「Waiting for the Sun」のカバーに登場しました。このロゴは、シンプルで大胆な幾何学形状と左右対称の2つのOにより、バンドのロゴの中で有名になりました。ロゴの左上には、アールヌーヴォー様式の、小さいが欠かせない「the」が配置されています。

この幾何学的な「doors」部分のレタリングは、TypodermicデザインのDensmoreというフォントによく似ています。フォントは無償で使用できますが、小文字のみの提供です。こちらから無料でフォントをダウンロードできます。

それ以来、いくつかの異なるロゴがアルバムのカバーに使われました。たとえば、1971年のアルバム『L.A.ウーマン』のカバーには、丸くて太めのCooper Blackが使われています。

その後、1971年10月リリースの『Other Voices』のカバーには超細字のジオメトリック書体を使っています。

そして、第9作で最後のアルバムでもある『アメリカン・プレイヤー』のカバーでは、Copperplate Gothicが使われました。

上記のフォントをダウンロードしたくないものの、これを使ってオンラインで簡単なテキストベースのロゴや画像を作りたい場合には、以下のフォント変換を使うだけです。

以下のツールは、入力したテキストを画像またはロゴに変換します。画像を右クリックしてダウンロードしたり、「埋め込み」ボタンをクリックしてリンクを取得し、画像をウェブ上に埋め込んだりすることができます。

フォントを選択
フォントサイズを入力 エフェクトを選択
色を選択

こちらもお好きかもしれません

以下のフリーフォントをチェックして、ダウンロードするか、または、これらのフォントを使ってオンラインで画像やロゴを作成しましょう。 こちら をクリックすると、別のセットを閲覧できます。