ワンダーウーマンフォント

『ワンダーウーマン』は、DCコミックスの同名キャラクターを基にした2017年アメリカのスーパーヒーロー映画です。この映画は、セミッシラという島に墜落したスティーブ・トレバーというパイロットが、その島に住むダイアナ・プリンスに第一次世界大戦について伝え、ダイアナは戦争を止めるために故郷を離れてワンダーウーマンになるという物語です。

この最終的な公式ポスターは、映画のタイトルにRaleway Regularというフォントを使っていますが、他バージョンのポスターではFuturaフォントを使っています。

Ralewayは、Matt McInerneyがデザインしたエレガントな見出し用サンセリフで、太さは細いものが1種類でした。後にPablo ImpallariとRodrigo Fuenzalidaによって9種類の太さを持つフォント群として拡張されました。RalewayはSIL Open Font Licenseにライセンスされており、完全なフォント群はこちらからダウンロードできます。

公式予告編で映画のタイトルに使われたフォントは、Andrew Newtonによる大文字の彫刻風セリフフォントであるLibertyによく似ています。

タイトルカード

上記のフォントをダウンロードしたくないものの、これを使ってオンラインで簡単なテキストベースのロゴや画像を作りたい場合には、以下のフォント変換を使うだけです。

以下のツールは、入力したテキストを画像またはロゴに変換します。画像を右クリックしてダウンロードしたり、「埋め込み」ボタンをクリックしてリンクを取得し、画像をウェブ上に埋め込んだりすることができます。

フォントを選択
フォントサイズを入力 エフェクトを選択
色を選択

こちらもお好きかもしれません

以下のフリーフォントをチェックして、ダウンロードするか、または、これらのフォントを使ってオンラインで画像やロゴを作成しましょう。 こちら をクリックすると、別のセットを閲覧できます。